HOME>ホットトピックス>債権の調査と財産目録、家計の調査などの準備が必要

債権の調査と財産目録

握手

名古屋で自己破産の手続きを自分で行おうと考えているのであれば、さまざまな準備をしなければなりません。まず始めに行うことは、債権の調査です。債権の調査ではどれくらい借金があるか調べます。債権者の数やそれぞれの借金額、未返済額はいくらあるかを債権者一覧表として作成する必要があります。次に行うのは、財産の調査です。持ち家や所有している車、退職金や生命保険などを財産目録として記します。金融業者から取り返すことができる過払い金も、この財産目録に含みます。

家計の調査や必要な書類について

男性弁護士

他にも名古屋で自己破産をする場合は、家計状況がどうなっているかを調べるために家計の調査を行わなければなりません。家計の調査では家計簿をつけて、どのくらいの支出をしているか確認します。この家計簿は2ヶ月分必要です。さらに借金が増えてしまった経緯を陳述書に作成します。どうして借金が増えてしまい、返済できなくなってしまったかを詳細に記す必要があります。破産申立書に必要な添付書類は、住民票および戸籍謄本です。その他に必要なものは、給与明細書や源泉徴収票、通帳のコピーや生命保険の証書のコピー、車検証のコピーなどです。持ち家があれば不動産の登記事項証明書やローンの残高証明書が必要になります。

広告募集中